株式会社ナカノアイシステム

S M L

NAIS PRESS

お知らせカテゴリのエントリ

  • カテゴリ お知らせ の最新配信:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
執筆者:asa 2013-1-1 0:00

新年あけましておめでとうございます。

皆様方には平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

昨年は東日本大震災から1年がたち、金環日食やロンドンオリンピックでの日本選手の活躍など明るい話題も見られるようになりました。しかし、いまだ避難生活を続けている方々がたくさんおられます。震災を風化させることなく、今年も引き続き当社にできる支援・復興業務を行っていきたいと考えております。

例えば、昨年導入したナローマルチビーム測深機は、海底や湖底など水中の地形を高精度に測ることができます。東日本大震災では、津波によって大きな被害がもたらされました。現在、海底の瓦礫調査が進められていますが、このナローマルチビーム測深機の活躍が大いに期待されています。高精度な測量結果が得られるため、地形を3Dで表示することができ、地上からはわかりにくい地形もはっきりと可視化することができます。この測量結果を復旧・復興、防災等の研究にぜひお役立ていただきたいと考えています。このほかにも、MMS(モービルマッピングシステム)3Dレーザースキャナデジタル航空カメラという測量機器も有している当社であれば、陸・海・空という多方面から測量調査を実施できます。こういった利点を組み合わせ、新たな価値やサービスを創造できるよう、今後も研究を重ねていく所存です。

さらに今年は、各自治体の行政業務に活用できる統合型GISのクラウドサービスを本格的に開始いたします。初期導入費用やランニングコストを低く抑え、ますますGISを導入・利用しやすい環境を作ってまいります。また、GISのデータは、信頼性の高いデータセンターに置かれますので、有事の際の事業継続性が高まることも期待できます。震災をうけてますます注目度が高まっているGISですが、より便利にご利用いただけるようにさらなる発展をさせていきたいと考えています。

最後になりますが、これからも「進化する技術、変わらぬ信頼」を合言葉に、測量業界をけん引できる企業をめざし、今年も社員一同技術革新や新サービスの提供に努めてまいります。本年も、皆様にはより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いして、年頭の挨拶とさせていただきます。

 

 

 

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (12162)

執筆者:asa 2012-8-2 17:24

国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所より、「平成23年度用地境界標設置業務」の主任担当者を務めた本社技術調査部 部長 斎藤正彦が、平成23年度優良建設技術者(業務)に選定されました。

そこで、受賞を記念して斎藤部長にインタビューを行いました。

 

−優良建設技術者の受賞おめでとうございます。まずは率直な感想を。


「委託業務の中でも用地測量の分野は評価がされにくいと感じていましたので、今回、受賞出来たことは非常に嬉しく思っています。」

 

−選定理由が、「業務の目的と重要性を十分理解し、現地条件を的確に把握するともに高い専門的知識と応用能力及び豊富な実務経験を発揮し、(中略)良質な成果を取りまとめた。」ということですが、特に配慮した点は?


「日頃、業務をマネジメントするにあたっては、安全管理・工程管理・精度管理・品質管理が肝だと思っていますが、本業務では特に工程質管理に配慮しました。ご知の通り、用地測量は土地所有者などの関係人と良好な関係を保ちつつ業務を実施する必要があります。工程計画も思惑通りに事が運ばない事も多々ある訳で、むしろ関係人の予定に合わせて業務を進捗させていく必要があります。降雪時期が迫る中、関係人との連絡調整を密に行い、その都度工程計画の変更を行う。変更した工程計画に基づいて、短期間に複数班で現地対応を行い良好な測量成果の取り纏めを行えた。この辺りが評価されたのではないかと思います。」

 

−技術調査部長として威厳を示した感じになったと思いますが、周囲の反応はいかがでしたか?


「全く変化なしです。感じた事は言葉にして欲しいのですがシャイな部下が揃っていますので・・・R君、T君など、むしろ素知らぬ顔をしていますので、全く威厳など感じていないと思いますよ。」

 

−さいごに、ナカノアイシステムとしては第二、第三の斎藤さんを輩出したいところですが、若手の技術者にメッセージを。


「関わる業務の意味を考え、疑問を持ち、解決していく。そんな日々の積み重ねが、将来の自分を創って行くことを肝に銘じ、毎日を送って下さい。」

 

−まだまだ暑い日が続き、現地での作業は非常に苛酷なものだと思いますが、体調管理には十分気を付け、これからも頑張ってください。斎藤部長、どうもありがとうございました。

 

関連リンク:表彰実績

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13363)

執筆者:asa 2012-1-1 0:00

新年あけましておめでとうございます。皆様方には平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

2011年は3月11日の東日本大震災に始まり、7月の新潟・福島豪雨、9月の台風12号など、私の人生でも類を見ないほどの大きな災害が次々と起こりました。あらためて、被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

災害発生直後、私もテレビのニュースに釘付けになった一人ですが、そこで一つ気づいたことがあります。いろいろな情報を伝えるために、地図はなくてはならないものだということです。

被災箇所が示された地図はもちろんのこと、津波の到達した範囲を示す地図、福島の原発を中心に同心円の書かれた地図、避難所の位置や炊き出しを行っている場所を広く知らせる地図、そして大学生が作ったという計画停電のグループで色分けした地図など、挙げれば切りがないほどです。すべての事象は位置と関係し、それをわかりやすく伝えるために地図は必須かつ重要なものだということを再認識しました。

平成19年の中越沖地震の際も、新潟県庁において被災状況をマッピングする地図作成班(EMC「Emergency Mapping Center」)が高い評価を受けました。マッピングという技術はこれからさらに発展し、需要が増すものと確信しています。

弊社では、各種地理情報システム(GIS)の開発を行っておりますが、単にアプリケーションを提供するだけでなく、そこから作り出されるものが「より伝わる地図」となるよう、研究を重ねていきたいと思っています。

最後になりますが、被災地で安全かつ効率的に被害状況を把握するため、奇しくも昨年導入したモービルマッピングシステム3次元レーザースキャナーが非常に活躍しました。そして、立ち入ることのできない地域や被害が広範囲に及ぶ地域では、デジタル航空カメラによる航空写真測量を実施しました。社員一同、災害発生直から「自分たちにも何かできることはないか」という思いを抱えていましたが、微力でも被災地のお役にたつことができ嬉しく思っています。今年もまだまだ弊社の災害支援業務は続きますが、一日も早い復興のために尽力していく所存です。

本年も皆様にはより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いして、年頭の挨拶とさせていただきます。

 

 

 

 

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13206)

執筆者:asa 2011-9-6 17:30

土石流の危険箇所や避難施設などを確認できます

9月1日より、富山県南砺市の公開GISサービスがリニューアルしました。新しいサービスの名称は「なんとeマップ」です。

従来のサービス「地図であそぼう」からのおもな変更点は以下の2点です。

1 専用ソフトのセットアップが不要となり、より気軽にお使いいただける。

2 各コンテンツをGoogleマップでも表示できる。

Googleマップでのコンテンツ表示により、スマートフォンやiPadなどのタブレット端末でも南砺市の行政情報をご覧いただけます。

 

 

 

Googleマップでの表示方法(クリックで拡大)Googleマップでの表示方法は、「なんとeマップ」のトップ画面から「情報から選ぶ」をクリックし、その後コンテンツ一覧内の「Googleマップで表示」ボタンをクリックしてください。(右図参照、クリックで拡大します。)

なお、「なんとeマップ」のおもな機能は以下のとおりです。
・地図表示・検索機能
・各種計測機能
・印刷機能
・位置情報連絡機能
・位置情報(URL)取得機能
・地図画像切り出し機能
・メモ機能

ぜひ一度、ご覧ください。

関連リンク:「南砺市」、「なんとeマップ

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (14501)

執筆者:asa 2011-7-20 13:17

7月24日の日曜日、新潟市西海岸(日和山浜海水浴場)で第5回ビーチライフIN新潟が開催されます。主催は、ビーチライフIN新潟実行委員会です。

新潟市西海岸は、日本でも有数の浸食海岸として知られています。海岸浸食から市民の暮らしを守るため、現在、国による侵食対策事業が行われ、日和山浜海水浴場周辺では砂浜が復元されつつあります。ナカノアイシステムでも、海岸線の水深測定や環境調査における地形把握のため、新潟海岸において深浅測量などを実施してまいりました。

さて、このイベントは、復元されつつある新潟西海岸がレクリエーション活動の一つの場として活用され、新潟市民に愛される海岸となるよう祈念して行われるものだそうです。当社もその趣旨に賛同し、協賛させていただいております。

当日は、マリンスポーツ体験、ビーチバレー、ビーチサッカー、ビーサン跳ばし、ビーチフラッグス大会など、いろいろなマリンレジャーを体験することができます。

お近くの方はこの機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

関連リンク:第5回ビーチライフIN新潟(新潟観光ナビ)


大きな地図で見る

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13876)

執筆者:asa 2011-6-3 0:00

「測量の日」キャラクター マッピーくん

今日、6月3日は「測量の日」です。

これは昭和24年6月3日に測量法が制定されたことにもとづきます。平成元年、当時の建設省(現国土交通省)が測量法の制定40周年を記念し、毎年6月3日を「測量の日」としました。

3月11日の東日本大震災でもクローズアップされましたが、津波など潮位の変動にGPSの観測技術が、広範囲にわたる被害状況の効率的な把握に航空写真が、そして津波・地すべりにより失われた境界や基準点の復元、地殻変動・地盤沈下の把握に各種測量が活用されています。

また、つくば市の地図と測量の科学館では、『2011「測量の日」特別企画〜地図と測量は復興への道しるべ〜』と題し、6月5日(日)に「東日本大震災」関連の展示や講座や、測量体験等、様々なイベントが実施されます。復興への思いを込めた行事と位置づけとなっています。

お近くの方はこの機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

関連リンク:地図と測量の科学館

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (21714)

執筆者:asa 2011-6-1 0:00

今日から6月。今年もまたクールビズの季節になりました。2005年から開始されたこの取り組みも今年で7年目。大分定着してきたと思います。

スーパークールビズとはですが今年はこれまでのクールビズとは違い、さらにパワーアップした「スーパークールビズ」に進化しています。

スーパークールビズでは、従来のノーネクタイ・ノージャケットに加え、ポロシャツやアロハシャツ、スニーカーもOK、Tシャツやジーンズ、サンダルも物によっては許容範囲だそうです。

新潟市役所でも、例年の「さわやかエコスタイル運動」に条件付きでポロシャツとTシャツの着用を認めたそうです。ポロシャツは職員として節度のある物、Tシャツは「水と土の芸術祭」など市が主催・共催するイベントロゴの入ったものとなります。

当社も9月30日まではエアコンの温度設定を28℃以上にし、節度ある軽装で業務を行います。

外勤の営業担当者や技術者につきましても軽装での訪問となりますが、皆様のご理解をお願いいたします。

また期間中、当社へおいでいただく際は、ぜひ軽装でお越しください。
 

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (51839)

執筆者:asa 2011-5-20 11:03

来る5月22日の日曜日、測量士・測量士補試験が実施されます。地元新潟では、例年通り新潟市中央区にある新潟工科専門学校が受験会場となります。

平成22年度、測量士補試験の受験者数は10,387人。対して合格者数は26.5%(前年比+0.8ポイント)の2,757人。一方、測量士試験の受験者数は2,256人。対して合格者数は6.38%(前年比-1.96ポイント)の144人と、非常に狭き門となっています。

また、年に一度きりの試験とあって、受験者の皆さんはこの日に照準を合わせ、一生懸命勉強してきたことと思います。

平成21年度の試験から科目が細分化されました。有効な試験対策の一つとして、過去問題に取り組むといったことがあると思いますが、新たな科目での過去問題は21年度と22年度の2年分しかなく、受験者の皆さんは非常に苦慮していることと思います。ですが21年度以降、合格率が極端に落ち込んでいるわけではないので、従来通りの学習で臨んでいただければ、十分活路は見いだせると信じています。

試験まであと2日、悔いのないよう、ぜひ頑張ってください!

測量士・測量士補試験について(国土地理院)

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (22150)

執筆者:asa 2011-4-8 10:51

株式会社帝国データバンクが発行する「帝国ニュース」に、ナカノアイシステムの記事が掲載されました。

2011年3月31日発行の『震災復興特別号』において、「新潟県中越沖地震で生かされた測量・防災システム」と題し、新潟県中越地方を襲った2度の地震や7.13水害で各種測量調査や罹災証明書の発行支援を行ったことが紹介されています。

「過去の経験が被災地区の復興にお役に立てれば幸いです」と文中でもつづられていますが、当社の測量やGISで少しでも復興のお手伝いができればと考えています。

帝国ニュースに掲載された記事や災害対応業務支援に関するお問い合わせは、下記電話番号までお願いいたします。
 電話:025-284-2100(担当 長崎)

    関連リンク:ナカノアイシステムの災害対応業務支援

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13902)

執筆者:asa 2011-3-7 8:57

クリックで拡大します


第15回震災対策技術展での当社の出展内容が、2月20日付の工業技術新聞(4面)に掲載されました。ぜひご覧ください。


(記事の掲載については工業技術新聞社の許諾を得ています。)


震災対策技術展に関するNAIS PRESS関連記事はこちら

    第15回震災対策技術展出展決定!

    震災対策講演会のご紹介

    第15回震災対策技術展ブース来訪のお礼

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (15251)

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ:
025-284-2848 (平日9:00〜17:00)

Loading