株式会社ナカノアイシステム

S M L

NAIS PRESS

2010年07月のエントリ

  • 最新配信:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
執筆者:asa 2010-7-27 11:20

信濃川下流河川事務所管内空中写真撮影図化作業の主任技術者を務めた本社航測部 石井茂が、国土交通省北陸地方整備局信濃川下流河川事務所より平成21年度優良建設技術者(業務)に選定されました。また、同業務は優良委託業務にも選定され、嬉しいW受賞となりました。

選定理由など詳細についてはこちら


石井は昨年、国土交通省北陸地方整備局高田河川国道事務所から優良委託業務に選定された関川水系空中写真測量作業の主任技術者も務めており、日頃から技術力の向上と円滑な事業の推進に取り組んでいる技術者です。


そこで、受賞を記念して石井にインタビューを行いました。



−優良建設技術者の受賞おめでとうございます。まずは率直な感想を。

「非常に名誉であり嬉しいです。この業務は、北陸地方整備局発注で平成21年度完成した設計・地質・測量1,492件の一つであり、うち局長表彰13件、事務所長表彰22件の一つであります。航測業務では一つしか選定されていませんので、北陸地方整備局の中では昨年の高田河川国道事務所の関川に続き航測No.1業務となりました。この場を借りて、業務に携わった関係者の皆様に御礼申し上げたいと思います。」


−選定理由が、「限られた工期の中で、迅速かつ丁寧に業務を実施し、良質な成果を収めた。」ということですが、特に配慮した点は?

「この業務に限らずいつも心がけているのが、作業の効率化と品質向上です。効率の良い作業を行うことにより、コストを削減できるだけでなく、その分お客様に新しい提案をすることができます。本業務も、私たちの提案から新技術の導入を行うことができ、大変満足していただけたのではと思います。また、品質についても独自の管理体制を確立し、良好な成果を収めたのが評価されたのだと思います。」



−年度末など休日出勤している姿をよく見かけましたが、この受賞でご家族にも頑張っている姿勢が伝わったのでは?

「家ではあんまり仕事の話はしませんので、この受賞も『なにそれ?』という感じだと思います(笑)。まあ、年度末は何も文句言わずに会社に行かせてくれるので、それなりに理解してくれているのだろうと勝手に思っているところです。」


−最後に、ナカノアイシステムとしては第二、第三の石井さんを輩出したいところですが、若手の技術者にメッセージを。

「目先の小さなことにとらわれず、5年10年先を見据えて将来を展望してください。」


石井はいぶし銀の職人といった感じで、普段は黙々と作業を進めるタイプですが、担当した業務のことを滑らかな口調で話す姿は、さすがこの道一筋30年超のベテランだなと感じました。


石井さん、どうもありがとうございました。

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (16316)

執筆者:asa 2010-7-20 15:13

 ようやく新潟も梅雨明けし、ここ数日暑い毎日が続いていますが、水分補給と休養で熱中症には十分ご注意ください。


美人林(十日町市松之山) 


さて、このポストカードは本社情報管理部の古川が十日町市松之山の美人林で撮影した写真を加工したものです。


美人林は、すらっとしたブナの立ち姿が美しくそう呼ばれるようになったそうです。木立に入ると気温が2℃ほど低く、マイナスイオンを浴びながらの森林浴で暑さをしのぐのもECOでいいですね。


古川は風景写真の撮影が趣味で、常に車にカメラを乗せ、通勤途中でも気になるものがあれば撮影しているそうです。古川が撮る四季折々の新潟を、これからもご紹介していければと思います。




大きな地図で見る

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (15650)

執筆者:asa 2010-7-5 15:09

新潟西海岸清掃活動去る7月3日(土)、どんよりした梅雨の曇り空のもと、新潟港(西港地区)工事安全対策協議会の一員として、西海岸の清掃活動を行いました。この協議会は、国土交通省発注の新潟西港・西海岸の工事を担当している施工業者で結成している団体です。


この活動は、きれいな砂浜を皆さまに利用して頂けるよう、協議会が周辺の住民にも参加を呼びかけ、海水浴シーズン直前に毎年行っているものです。


当日は、午前9時、西海岸公園の大階段下に一般のボランティアの方を含め150人ほどが集まりました。ナカノアイシステムからは、日頃西港の測量作業を行っている精鋭部隊が参加しました。


清掃は、一つ一つをゴミバサミで拾う地道なものから、タイヤショベルやチェーンソー、ダンプトラックといった工事用機材を使用するなど、施工業者の専門性を生かした大々的なものとなっています。煙草の吸殻、空き缶、花火の燃えかすやペットボトルのキャップなどが多く落ちていました。


約1時間半の清掃活動で多くのゴミが集まり、海水浴シーズン本番を控えた海岸はとてもきれいになりました。


「海岸の利用者全員が自分の出したゴミを必ず持ち帰る」、これも立派なECO活動です。きちんと分別して捨てることで資源になるものも多くあります。きれいな海岸と住みよい環境を守っていくためにも皆さんご協力をお願いします。




大きな地図で見る

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (15862)

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ:
025-284-2848 (平日9:00〜17:00)

Loading