株式会社ナカノアイシステム

S M L

NAIS PRESS

2015年08月のエントリ

  • 最新配信:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
執筆者:asa 2015-8-25 11:29

南魚沼市公開地理情報システムトップページ(画像にマウスカーソルを重ねると、説明が表示されます。)

8月8日、新潟県南魚沼市の公開GISサービスがリニューアルしました。新しいサービスの名称は「南魚沼市公開地理情報システム」です。

従来のサービスからの変更点は以下のとおりです。

1.背景地図は、航空写真、地形図、地理院地図の3種類からお選びいただけます。各地図は、重ね合わせて透過度の設定ができるので、見やすく調整してお使いいただけます。

2 .地図の全画面表示や、作図機能が充実しました。

3 .各種ブラウザ(Microsoft Internet Explorer 8以上、Google Chrome、Mozilla Firefox、Apple Safari)に対応しています。

 クマの出没時刻や頭数を確認できます。4 .スマートフォンやタブレット端末でも見やすい画面で参照できます。   

道路網図やバス路線など従来のコンテンツに加え、クマ出没マップを閲覧できるようになりました。ご自宅や外出先の出没状況を確認し、人身被害の防止にお役立てください。

 

 

 

 

 

  

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (10142)

執筆者:asa 2015-8-5 16:44

国土交通省北陸地方整備局新潟国道事務所より、朝日温海道路測量その2業務の管理技術者を務めた本社技術調査部 部長 斎藤正彦が、平成26年度優良建設技術者(委託業務)に選定されました。

そこで、受賞を記念して斎藤部長にインタビューを行いました。

 

−優良建設技術者の受賞おめでとうございます。まずは率直な感想を。

「ただただ、素直に嬉しく思います。」
 

−「朝日温海道路測量その2業務」は、優良委託業務と優良建設技術者のダブル受賞でしたが、自分なりに工夫した点というか、どういった点が評価されたと思いますか?

「優良委託業務での受賞は『チームの評価』だと思っていますので、皆の苦労が報われた気がしています。
 この現場は、国道7号沿いの蒲萄峠に跨る山地部であり急な斜面や崖、生い茂る木々、携帯通話エリア外など極めて厳しい作業環境を強いられた現場でした。
 作業を実施する上で最も優先すべきは『安全第一、労災ゼロでの完了』であり、厳しい作業環境の中で『安全に配慮しながら、いかに精度を担保し、効率良く作業を実施するか・・・』が課題となりました。
 この課題を解消すべく、発注機関が過去に実施していた『航空測量データの利用』を提案し実施しました。
 現地では立ち入りが困難な危険箇所についても、レーザプロファイラデータを併用し実施したことで、成果品の品質を向上させ、作業の効率化を図った。且つ、現地での滑落事故などリスク回避にも貢献した。この辺りが評価されたのではないかと思います。」
 

−この業務を振り返って、とても苦労したことや強く印象に残っていることはありませんか?
「ご承知の通り、朝日温海道路事業は新潟国道事務所の一大プロジェクトであり、今回は測量業務のほか、地質調査業務や設計業務が同時進行して行く業務でした。
 当然、設計業務が進む度に『道水路の単点計測を至急に。』とか、『○○工区の縦横断は週末までに。』とか、降積雪期も間近い11月の中旬に、複数社からリクエストがありました。
 『積雪前までに現地作業を完了させる』が至上命令だったので、これらリクエストに答えるべく、案件毎に担当者を決め、作業員を割り当て、翌日には作業を開始しました。
 全ての現地作業を終えたのが12月5日。翌6日には現地一面の銀世界、・・・根雪となってしまいました。昨シーズンは少し早い冬の訪れでしたが『滑り込みセーフ』、・・・印象深い現場の一つになりました。」
 

−さいごに、斎藤部長を目標に頑張っている若手の技術者にメッセージを?

「本年度、技術調査部内では、新潟港湾・空港整備事務所からも優良委託業務を受賞しており、『チームの底力』も養われつつあるのではないかと感じています。
 私自身、業務を担当するにあたり考えることは、『物事には必ず本質である課題がある。いかに課題を見つけそれを解消して行くのか・・・』、このことが物事を成功に導くカギではないかと思います。
 若手技術者の皆さんも、常にこの事を考え行動して欲しいと思います。」
 

−質問は以上です。どうもありがとうございました。

 平成23年度の用地境界標設置業務(長岡国道事務所)に続き、2度目の優良技術者受賞となりましたが、3度目の受賞を期待したいと思います。そして斎藤部長に続く若手技術者の受賞も期待しています。斎藤部長、どうもありがとうございました。

関連リンク:表彰実績平成23年度受賞記念インタビュー

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (9922)

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ:
025-284-2848 (平日9:00〜17:00)

Loading