株式会社ナカノアイシステム

S M L

NAIS PRESS

最新エントリー

  • 最新配信:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
執筆者:asa 2011-1-1 0:00

新年あけましておめでとうございます。

皆様方には平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、昨年のナカノアイシステムを表す一字は、まさに「新」だったと思います。

2010年1月、安尻会長のあとを引き継ぎ、私が新社長に就任しました。多くの皆様からご声援やご期待を寄せていただきましたが、無我夢中のうちに一年が過ぎたという感じです。ご期待に沿うことができたかどうか、いまだ自問を重ねておりますが、ご支援いただきましたことをこの場を借りてお礼申し上げます。

また、私の社長就任に伴い当社のキャッチコピーも一新、「進化する技術、変わらぬ信頼」を合言葉に、社員一同新技術の取得や新サービスの提供に努めてまいりました。その一例として、国内では最先端といわれる測量技術の導入を新たに行いました。それが、地上設置型の高速・高精度3次元レーザースキャナーと、高精度GPS移動計測装置モービルマッピングシステムの最上位機種MMS-X640です。これらにより、測量の作業時間と経費は削減させ、精度と安全性は向上させることが可能となりますが、新たな活用例などを今後も引き続き研究を続けていく所存です。

2010年4月には、ホームページをリニューアルしました。当社の技術、製品、サービス、そして社員の活躍する姿などを余すことなくご紹介し、ナカノアイシステムの「見える化」を行ったと言っても過言ではありません。ぜひすみずみまでご覧いただき、当社を少しでも身近な存在に感じていただけたら嬉しく思います。

2010年9月には、横浜で開催された産学官連携による大型イベント「G-空間Expo」に初出展し、ご来場いただいた多くの方に、当社のGISを体感していただきました。その使いやすさと親しみやすさに高い評価を頂いたことは、強く印象に残っています。

このように当社にまつわる数々の「新」があったわけですが、本年も測量業界に新風を巻き起こす企業となれるよう、社員一丸となって努力してまいります。

最後となりますが、昨年から継続する円高による輸出産業の低迷、消費者物価の下落によるデフレ傾向の長期化、そして企業活動レベルの低下に伴う設備投資や雇用者所得の伸び悩みなど、しばらくは厳しい状況が続くと覚悟しております。この経済環境をどう生き抜くかを考えたとき、挑戦者の気概を持って経営の舵取りを行うことが活路を見いだす突破口となると信じております。

本年も、皆様にはより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いして、年頭の挨拶とさせていただきます。

 

 

 

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (14687)

執筆者:asa 2010-11-15 11:28

平成23年2月3日(木)、4日(金)にパシフィコ横浜にて開催される第15回震災対策技術展にナカノアイシステムの出展が決まりました。

震災対策技術展は、震災対策の最新製品、システム、技術などを社会に広く提供しようと毎年行われている展示会です。

土石流危険区域内の要援護者を瞬時に抽出本展示会では、当社主力商品である統合型GIS に各種有事対応機能をプラスした「危機管理・防災のためのGIS」を出展します。

当社は、平成16年の中越地震、平成19年の中越沖地震と2度の大きな震災を経験し、被災自治体においても多くの復旧支援活動を行ってきました。本システムはまさにその被災経験から生まれた危機管理・防災のためのGISであり、全庁的に利用できる統合型GISをベースとしたシステムであるため、いざという時、多くの部署の職員で同時に使えるシステムとなっています。

会場では危機管理・防災GISのデモンストレーションを確認・体感いただくことが可能です。災害情報共有機能、避難所・備蓄品管理機能、罹災証明発行支援機能、そして要援護者支援機能など、情報管理と意思決定に役立つ優れた機能をトータルにご紹介します。

この機会にぜひご覧ください。

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (14041)

執筆者:asa 2010-11-11 10:07

ナカノアイシステムが導入したMMS-X640ナカノアイシステムはこのほど、走行しながら道路周辺の測量ができる車両、モービルマッピングシステム(MMS)を導入しました。

これにより、道路台帳図作成や道路施設調査など、あらゆる道路維持管理業務に役立てていきます。

導入したのは三菱電機株式会社製のMMS-X640。MMSシリーズの最上位機種で、当社保有のシステムを含め、全国でもまだ3台しか導入されていません。

「三菱電機」ウェブサイト MMS関連ページはこちら

車両の上部に3台のGPSアンテナ、6台のカメラ、4台のレーザースキャナー、IMU(慣性計測装置)を搭載MMSは、車両の上部に3台のGPSアンテナ、6台のカメラ、4台のレーザースキャナー、IMU(慣性計測装置)を搭載し、走行しながら建物・道路・ガードレール・標識などの3次元地形データや画像を取得できるシステムです。

従来道路部の測量は、作業員が路上に計測機器を設置して行っておりましたが、危険を伴う上に通行規制による渋滞を招いたりとさまざまな弊害がありました。一方MMSでは、走行するだけで計測できるので、安全かつ効率的に測量を行うことができます。

またMMSは、国土交通省国土地理院が定める公共測量作業規程の第17条(機器等及び作業方法に関する特例)が適用されます。車両上部に機器を搭載した類似システムは他にもありますが、国土地理院が認めた唯一の測量システムとなります。

 MMSで取得した3次元データ、地形図作成などに活用可能取得したデータは、縮尺精度1/500といった高精度の地形図や道路台帳図作成、道路施設調査、災害対策の安全点検、設計、3次元シミュレーションなど、各種業務に活用することができます。

作業時間短縮によるコストの削減、現地作業低減による安全性の向上、そして高精度数値データによる公共測量としての活用など、多くのメリットがあるMMS。今後はさらにGISでの利用や解析についても研究を進めてまいります。

(画像にマウスカーソルを重ねると、説明が表示されます。)

なお、本日付の新潟日報朝刊(6面)に当社のMMSが紹介されています。そちらもぜひご覧ください。

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (18395)

執筆者:asa 2010-10-22 11:20

野球大会とバーベキュー

10月9日の土曜日、親睦会主催の野球大会が新潟市東区の阿賀野川河川公園野球場で開催されました。参加者は、社員とその家族による総勢49名。

当日は小雨交じりの強風とあいにくの天候でしたが、一同元気に体を動かしていました。

午前中はまず練習。軽いウォーミングアップののち練習試合を行いました。この日に照準を合わせ、個人的に練習してきた人もおり、調子はなかなかのようです。

その後一旦バーベキューでの昼食。英気を養います。

午後からは本番の試合開始。本社チーム対上越支社・六日町支店合同チームの一戦です。

序盤は均衡したゲームとなりました。点を取られたら取り返すといったシーソーゲームです。

ですが最終回、上越・六日町チームの打線が爆発しました。打者一巡の猛攻で、終わってみれば10対4の圧勝となりました。

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (14249)

執筆者:asa 2010-10-7 8:37

ナカノアイシステムはこのほど、最新鋭の3次元レーザースキャナー GLS-1500(株式会社トプコン製)を導入しました。

3次元レーザースキャナーとは、対象物にレーザー光線を照射することで地形・地物をスキャニングし、3次元座標を持つ点群データを取得するための機器です。

  

縦横断測量や土量計測といった各種測量だけでなく、道路や橋梁の構造物調査、クラックなど路面形状の計測、文化財や遺跡の調査など幅広い分野で活躍しています。また、地すべりや岩盤等により直接計測が困難な場所でも、遠隔地から安全に計測することができます。

 GLS-1500は、毎秒3万点という高速スキャニングが可能なうえ、独自のプリサイススキャン技術による低ノイズデータで距離精度4mm(計測距離150m以内の場合)といった高精度のデータを取得することができます。

  

作業時間短縮によるコストの削減、遠隔地計測による安全性の向上、そして高精度数値データによる正確な状況把握など、多くのメリットがあるレーザースキャン測量。今後はさらにGISでの利用や解析についても研究を進めてまいります。

 画像にマウスカーソルを重ねると、説明が表示されます。

 

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (18687)

執筆者:asa 2010-9-30 8:54

平成22年第3回 ナカノ杯ゴルフコンペ

ゴルフ部主催による平成22年の第三回ナカノ杯ゴルフコンペを、9月25日(土)、新潟県十日町市の十日町カントリークラブで開催しました。参加者は15名。

記録的な猛暑から一転、さわやかな秋晴れといった絶好のゴルフ日よりでした。

気になる結果ですが、優勝は部長の星野。第二回大会の最下位から一気にジャンプアップ、部長の面目躍如ともいうべきプレーでした。

また、第一回・第二回とも協力会社の方が優勝しましたが、今年度最後の大会でようやく部員からの優勝者を出すことができ、ナカノゴルフ部としても嬉しい結果となりました。

今年度のナカノゴルフ部は、12月の納会を残すのみとなりました。来年、さらなる部員の奮起を期待します。

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13751)

執筆者:asa 2010-9-22 13:45

ナカノアイシステムのブースにて19日から21日まで行われた初のG空間EXPOは、盛況のうちに幕を閉じました。

当社ブースおよびベンダーフォーラムに足を運んでくださった皆様、誠にありがとうございました。また、ブース設営にあたりご協力いただいた皆様、スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

さて、三日間の来場者数は延べ36,819名と発表がありました。弊社ブースも予想以上の反響で、フルメンバーで来訪の方々に対応いたしましたが、説明も十分行き届かぬところがあったと思います。この場を借りて皆様にお詫び申し上げます。

今後とも一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (14804)

執筆者:asa 2010-9-17 8:55

いよいよ明後日19日(日)から、G空間Expoが始まります。


ナカノアイシステムでも今年一月の出展決定から着々と準備を進めてまいりました。ブースの設営も今日から少しずつ始まり、いよいよという気運が高まっています。


心ばかりのノベルティをご用意しています当社のブースでは、統合型GIS公開型GIS災害時要援護者支援システム災害時情報システムなどを展示、デモンストレーションします。


災害時要援護者支援システムと災害時情報システムは展示会初出展。有事の際、スムーズな情報共有と意思決定に役立つ機能を盛り込んだシステムとなっています。この機会にぜひ、来て・見て・触れて、GISの素晴らしさを体感してください。


スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13768)

執筆者:asa 2010-9-13 11:24

災害時情報システム 浸水被害区域内の避難所と収容状況G空間EXPO開催まであと6日となりました。今日はベンダーフォーラムについてご紹介します。


開催最終日の21日(火)、展示会場2階コンコースの会議室にて出展者によるベンダーフォーラムが開催されます。


ナカノアイシステムも、E206会議室において10時30分からと15時からの2回、それぞれ30分間の発表を行います。タイトルは「危機管理・防災におけるGISについて」


発表では、災害時情報システムと災害時要援護者支援システムのデモンストレーションを行います。災害情報登録機能、避難所開設状況、収容人数表示機能、そして要援護者支援機能など、情報管理と意思決定に役立つ優れた機能をトータルにご紹介します。


ご来場の際は、ぜひお立ち寄りください。

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (14892)

執筆者:asa 2010-8-30 16:40

クリックで、LASDEC 「電子自治体ベストプラクティス」にジャンプします新潟県糸魚川市で導入されている統合型GISが、平成21年度電子自治体ベストプラクティスに選ばれました。


電子自治体ベストプラクティスとは、財団法人地方自治情報センター(LASDEC)がホームページで公開している、電子自治体を積極的に推進する自治体の事例集です。ICTを活用した住民サービスの向上、業務の効率化、地域産業の活性化などに寄与している選りすぐりの事例をご覧いただけます。


糸魚川市の事例は「市町村合併を機に庁内全部署で使える共通Web-GISを整備」と題され、共通Web-GISの紹介のみならず統合型GIS導入の契機や当時の苦労話、導入済みGISの種類と特徴、そして今後の展望などが担当者のインタビューを交え詳細に記載されています。


糸魚川市取材風景糸魚川市GIS利活用事例(LASDECホームページ)はこちら。動画による紹介もありますので、ぜひご覧ください。


導入事例 糸魚川市統合型GIS(当社ホームページ)はこちら。


 


 

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (15690)

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ:
025-284-2848 (平日9:00〜17:00)

Loading