株式会社ナカノアイシステム

S M L

NAIS PRESS

asaさんのエントリ

  • asaさんの最新配信:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
執筆者:asa 2012-1-1 0:00

新年あけましておめでとうございます。皆様方には平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

2011年は3月11日の東日本大震災に始まり、7月の新潟・福島豪雨、9月の台風12号など、私の人生でも類を見ないほどの大きな災害が次々と起こりました。あらためて、被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

災害発生直後、私もテレビのニュースに釘付けになった一人ですが、そこで一つ気づいたことがあります。いろいろな情報を伝えるために、地図はなくてはならないものだということです。

被災箇所が示された地図はもちろんのこと、津波の到達した範囲を示す地図、福島の原発を中心に同心円の書かれた地図、避難所の位置や炊き出しを行っている場所を広く知らせる地図、そして大学生が作ったという計画停電のグループで色分けした地図など、挙げれば切りがないほどです。すべての事象は位置と関係し、それをわかりやすく伝えるために地図は必須かつ重要なものだということを再認識しました。

平成19年の中越沖地震の際も、新潟県庁において被災状況をマッピングする地図作成班(EMC「Emergency Mapping Center」)が高い評価を受けました。マッピングという技術はこれからさらに発展し、需要が増すものと確信しています。

弊社では、各種地理情報システム(GIS)の開発を行っておりますが、単にアプリケーションを提供するだけでなく、そこから作り出されるものが「より伝わる地図」となるよう、研究を重ねていきたいと思っています。

最後になりますが、被災地で安全かつ効率的に被害状況を把握するため、奇しくも昨年導入したモービルマッピングシステム3次元レーザースキャナーが非常に活躍しました。そして、立ち入ることのできない地域や被害が広範囲に及ぶ地域では、デジタル航空カメラによる航空写真測量を実施しました。社員一同、災害発生直から「自分たちにも何かできることはないか」という思いを抱えていましたが、微力でも被災地のお役にたつことができ嬉しく思っています。今年もまだまだ弊社の災害支援業務は続きますが、一日も早い復興のために尽力していく所存です。

本年も皆様にはより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いして、年頭の挨拶とさせていただきます。

 

 

 

 

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13244)

執筆者:asa 2011-12-19 16:49

平成24年2月2日(木)、3日(金)にパシフィコ横浜にて開催される第16回震災対策技術展にナカノアイシステムの出展が決まりました。今年2月に開催された第15回震災対策技術展に続き、2度目の出展となります。

震災対策技術展は、震災対策の最新製品、システム、技術などを社会に広く提供しようと毎年行われている展示会です。

本展示会では、当社主力商品である統合型GIS に各種有事対応機能をプラスした「危機管理・防災のためのGIS」を出展します。

現地調査結果をGISに登録し、庁内で情報共有また、2月3日(金)、出展者プレゼンテーションA会場において当社のデモンストレーションを行います。時間は16時00分から16時45分までの45分間、タイトルは「新潟県十日町市の事例から学ぶ災害時の統合型GIS活用術」です。

平成23年3月12日に発生した長野県北部地震(M6.7)。地滑り、雪崩、家屋倒壊など市内各所で大きな被害に見舞われた新潟県十日町市様で、統合型GISがどのように活かされたかご紹介いたします。このほか、統合型GISに有事対応機能をプラスし、全庁的にご利用いただける防災システムのデモンストレーションをご覧いただきます。

ただいま聴講の事前登録を行っています。お申し込みは震災対策技術展ホームページから行ってください。

この機会にぜひご覧ください。

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13474)

執筆者:asa 2011-11-7 16:34

ナカノアイシステムのブース(上段)・プレゼンテーション(下段)4日から5日まで行われた「けんせつフェアin北陸2011」は、盛況のうちに幕を閉じました。

今回のフェアでは、当社初の試みとしてMMS-X640の車両本体を展示しました。フェアの会場でも、その存在感から多くの方にブースを訪れていただきました。この場を借りて、当社ブースおよびプレゼンテーションに足を運んでくださった皆様にお礼申し上げます。

なお、説明の行き届かぬところも多々あったと思いますが、ご不明な点がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

このような機会があればまた参加したいと考えておりますので、今後とも一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
 

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13455)

執筆者:asa 2011-10-11 11:24

平成23年11月4日(金)、5日(土)の2日間、新潟市産業振興センターで行われる「けんせつフェアin北陸2011」に金井度量衡株式会社様と合同で出展することが決まりました。

けんせつフェアin北陸は、2年に1度、北陸地方の産・学・官の優れた建設技術を一堂に集め、建設技術者の技術の研鑽・高揚並びに技術情報の交換の場として催されています。今回はなんと、記念すべき10回目の開催です。主催は、国土交通省北陸地方整備局をはじめとした「けんせつフェアin北陸」実行委員会です。

MMS車両本体を初出展!ナカノアイシステムは、当社が保有する三菱モービルマッピングシステム(MMS-X640)についてご紹介します。今回は当社初の試みとして、会場に車両を持ち込みます。車両上部の設備から車内の機器まで、じっくりとご覧ください。

また、東日本大震災の被災地で計測したデータも併せて展示しますので、スピードが重要な復旧作業の現場でいかにMMSが有効だったか、見て触れて体感していただくことができます。

さらに同時開催される展示技術発表会において、当社のプレゼンテーションを実施します。発表日時は、4日の15:30〜15:50です。

入場は無料、ぜひお気軽にご来場ください。

関連リンク:「けんせつフェアin北陸2011」、「NAIS PRESS東日本大震災 被災道路をMMSにて計測

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13187)

執筆者:asa 2011-9-6 17:30

土石流の危険箇所や避難施設などを確認できます

9月1日より、富山県南砺市の公開GISサービスがリニューアルしました。新しいサービスの名称は「なんとeマップ」です。

従来のサービス「地図であそぼう」からのおもな変更点は以下の2点です。

1 専用ソフトのセットアップが不要となり、より気軽にお使いいただける。

2 各コンテンツをGoogleマップでも表示できる。

Googleマップでのコンテンツ表示により、スマートフォンやiPadなどのタブレット端末でも南砺市の行政情報をご覧いただけます。

 

 

 

Googleマップでの表示方法(クリックで拡大)Googleマップでの表示方法は、「なんとeマップ」のトップ画面から「情報から選ぶ」をクリックし、その後コンテンツ一覧内の「Googleマップで表示」ボタンをクリックしてください。(右図参照、クリックで拡大します。)

なお、「なんとeマップ」のおもな機能は以下のとおりです。
・地図表示・検索機能
・各種計測機能
・印刷機能
・位置情報連絡機能
・位置情報(URL)取得機能
・地図画像切り出し機能
・メモ機能

ぜひ一度、ご覧ください。

関連リンク:「南砺市」、「なんとeマップ

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (14553)

執筆者:asa 2011-9-2 9:25

平成23年9月21日(水)、新潟市のホテル日航新潟で開催される空間情報セミナーin新潟併設展示にナカノアイシステムの出展が決まりました。

空間情報セミナーin新潟は、一般社団法人日本写真測量学会北信越支部、および金井度量衡株式会社主催によるイベントです。「東日本大震災復興祈念企画」と題し、防災や有事対応における地理空間情報や測位技術の活用事例が各分野の有識者により発表されます。

MMSの計測データをご紹介しますセミナーの隣接会場で行われる併設展示では、当社が保有する三菱モービルマッピングシステム(MMS-X640)についてご紹介します。東日本大震災の被災地で計測したデータも併せて展示しますので、スピードが重要な復旧作業の現場で、いかにMMSが有効だったか、見て触れて実感していただくことができます。

併設展示は事前登録不要です。ぜひお気軽にご来場ください。

関連リンク:「空間情報セミナーin新潟」、「NAIS PRESS東日本大震災 被災道路をMMSにて計測

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13458)

執筆者:asa 2011-8-10 14:32

つばめ・やひこ観光ナビ

ふるまちヌーボーARに続き、スマートフォンを利用した情報発信サービスの第2弾、燕市様の「燕・弥彦観光ナビ」を開始しました。

情報発信サービスのコンセプトは、「そこに存在するものをより深く知らせる」です。

従来、ガイドマップやパソコン地図サイトに掲載していた情報を、そこに居ながらにして情報を得るにようにしたことで、より明確に有益な情報を提供できるようになりました。

このサービスに伴い、いつでもどこでも必要なときに、燕市や弥彦村の観光情報を手に入れることができます。

燕ラーメンや良寛和尚の情報、国上山のトレッキングルート、産業観光情報など、燕市や弥彦村に足を運ぶ皆様の身近な情報源としてご利用いただけます。

このサービスは、オランダの「Layar」(レイヤー)技術をベースとしています。App Store、Androidマーケットより無償の「Layar」をダウンロードしてご利用いただけます。

関連リンク:「燕・弥彦観光ナビ」、「燕・弥彦観光ナビ(パソコン版)

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (14281)

執筆者:asa 2011-7-20 13:17

7月24日の日曜日、新潟市西海岸(日和山浜海水浴場)で第5回ビーチライフIN新潟が開催されます。主催は、ビーチライフIN新潟実行委員会です。

新潟市西海岸は、日本でも有数の浸食海岸として知られています。海岸浸食から市民の暮らしを守るため、現在、国による侵食対策事業が行われ、日和山浜海水浴場周辺では砂浜が復元されつつあります。ナカノアイシステムでも、海岸線の水深測定や環境調査における地形把握のため、新潟海岸において深浅測量などを実施してまいりました。

さて、このイベントは、復元されつつある新潟西海岸がレクリエーション活動の一つの場として活用され、新潟市民に愛される海岸となるよう祈念して行われるものだそうです。当社もその趣旨に賛同し、協賛させていただいております。

当日は、マリンスポーツ体験、ビーチバレー、ビーチサッカー、ビーサン跳ばし、ビーチフラッグス大会など、いろいろなマリンレジャーを体験することができます。

お近くの方はこの機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

関連リンク:第5回ビーチライフIN新潟(新潟観光ナビ)


大きな地図で見る

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (13927)

執筆者:asa 2011-6-28 11:14

ふるまちヌーボー

この度スマートフォンを利用した情報発信サービスを新たにスタートさせました。

情報発信サービスのコンセプトは、「そこに存在するものをより深く知らせる」です。

従来、ガイドマップやパソコン地図サイトに掲載していた情報を、そこに居ながらにして情報を得るにようにしたことで、より明確に有益な情報を提供できるようになりました。

この新サービスに伴い、新潟県新潟市中央区の古町地区活性化に役立てていただけるよう、古町サテライト様と「ふるまちヌーボーAR」を開始しました。

掲載情報は300を超え、古町に足を運ぶ皆様の身近な情報元としてご利用ください。

このサービスは、オランダの「Layar」(レイヤー)技術をベースとしています。App Store、Androidマーケットより無償の「Layar」をダウンロードしてご利用いただけます。

関連リンク:ふるまちヌーボーマップ

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (14542)

執筆者:asa 2011-6-3 0:00

「測量の日」キャラクター マッピーくん

今日、6月3日は「測量の日」です。

これは昭和24年6月3日に測量法が制定されたことにもとづきます。平成元年、当時の建設省(現国土交通省)が測量法の制定40周年を記念し、毎年6月3日を「測量の日」としました。

3月11日の東日本大震災でもクローズアップされましたが、津波など潮位の変動にGPSの観測技術が、広範囲にわたる被害状況の効率的な把握に航空写真が、そして津波・地すべりにより失われた境界や基準点の復元、地殻変動・地盤沈下の把握に各種測量が活用されています。

また、つくば市の地図と測量の科学館では、『2011「測量の日」特別企画〜地図と測量は復興への道しるべ〜』と題し、6月5日(日)に「東日本大震災」関連の展示や講座や、測量体験等、様々なイベントが実施されます。復興への思いを込めた行事と位置づけとなっています。

お近くの方はこの機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

関連リンク:地図と測量の科学館

asaさんのブログを読む| コメント (0)| トラックバック (0)| 閲覧 (21769)

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ:
025-284-2848 (平日9:00〜17:00)

Loading