株式会社ナカノアイシステム

S M L

用地測量−航測併用

災害が発生すると、土地の境界があいまいになり、スピーディーな復興の妨げになることが考えられます。
現在国土地理院において、被災地における基準点測量の整備を進めておりますが、被災地における土地の境界を復元するためには、新たに設置された基準点を与点として、既存の境界を測定していく必要があります。
当社では、これまでの経験をもとに、広範囲にわたる被災地において円滑に境界復元を実施するために、震災後に撮影した航空写真と既存の公図・地積測量図を活用したバランスのとれた境界復元測量をご提案致します。

用地測量−航測併用とは、1筆の広大地(10,000岼幣紊了慨崔蓮砲嚢浩疑泙覆匹北簑蠅あり、地図訂正・地積更正などが必要と判断された場合や、地すべり地帯または被災地域(地震・水害)などで測量区域に立ち入ることが困難な場合に、航空写真測量と用地測量−実測を併用し用地(筆界)の確定作業を行うものです。

内容

用地測量−航測併用とは、前述の境界の確認(確定)にあたり航空写真(空中写真)を用いるもので、公図および測量図と現地の乖離・災害などによる現地形状の変化などにも過去(被災前の写真)を用いることで、問題解消を図る手段に活用できます。

また、作成した航空写真用地図(空中写真用地図)は視覚的にわかりやすいため、発注者・関係人との協議はもちろん、法務局との協議の際にも有効に活用できるものです。

〔用地測量−航測併用〕の流れ

  上記は標準的な作業工程です。業務箇所、設計内容により進め方、作業などは異なります。

※1 既存写真を用いることが可能な場合は省略できます。(季節、条件などにより新規撮影が困難な場合も含みます。)
既存写真は過去の写真や各関係機関の所有する写真などを用いることが可能です。


電子基準点

RTK-GPS観測

GPSスタティック観測


航空写真用地図(空中写真用地図)


航空写真と筆界を重ね合わせ、境界確定作業を行います

» お問い合わせはこちら

 
業務実績

» 代表的な業務実績はこちら

 

プリンタ用画面
友達に伝える
ページトップへ戻る
Pickup Contents
災害支援活動
用地測量(航測併用)
災害対応
3次元レーザー計測(MMS)
航空レーザースキャナー
ナローマルチビーム測深機
デジタル航空カメラ
GIS入門講座
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ:
025-284-2848 (平日9:00〜17:00)

Loading