株式会社ナカノアイシステム

S M L

UAV計測


UAVとは

 UAVとは、Unmanned aerial Vehicle(無人航空機)の略称で、時にはドローンとも呼ばれています。人間が立ち入ることの出来ない場所や直接目視できない部分において遠隔操作により、空中から安全に動画や写真撮影を行うことが可能です。

 撮影したデータは、大規模災害や堤防、工事現場など広範囲にわたる全容把握や、ダム・橋梁の維持管理に利用することができます。また、事業進捗の記録やインフラの調査だけでなく、三次元データを作成し、シミュレーションや自由に断面を取得するなど、幅広い用途で活用することができます。

撮影風景
撮影風景

UAV撮影

 UAVを用いた撮影では、他の測量手法では取得できない地上解像度の高い画像が取得できます。

 下図の例では競技コース内の番号や植えられている植物の種類が分かるほどのものが取得できます。



UAVを用いた図化・三次元化

 UAVを飛行させ連続した垂直写真を取得したのち、デジタル図化機にて図化を行うことで数値地形図データを取得することができます。また、同様に取得したデータに三次元復元処理を行うことで、3次元データを作成することが可能です。


保有機器
保有機器

DJI社 モーター8基搭載マルチコプター
S1000+
8基のモーターを搭載した大型機。一般の一眼カメラを搭載することが可能である。風に強く安定した飛行が可能。

DJI社 モーター4基搭載マルチコプター
Inspire1 pro
4基のモーターを搭載した小型機。S1000+と比較すると風には弱いが機体自体が軽いため、軽快な動作が可能。カメラは専用の物しか搭載できないが4Kにも対応している。規格が合うレンズであれば、レンズだけの交換も可能。
撮影サンプル

ハードオフ エコスタジアムから望む鳥屋野潟(新潟市)

弥彦山と越後平野(新潟県弥彦村)



プリンタ用画面
友達に伝える
ページトップへ戻る
Pickup Contents
災害支援活動
用地測量(航測併用)
災害対応
3次元レーザー計測(MMS)
航空レーザースキャナー
ナローマルチビーム測深機
デジタル航空カメラ
GIS入門講座
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ:
025-284-2848 (平日9:00〜17:00)

Loading