水田台帳管理システム

システムの特徴

水田台帳管理システムは、土地情報や水田情報の参照・編集、データ抽出、地図を利用した位置確認や色塗り図の作成など、様々な機能で水田の管理を支援します。

台帳データと地図データが連動することによって、事務の効率化・高度化だけでなく、窓口対応の迅速化によるサービス向上も期待できます。

農業振興地域管理システムと連携が可能です。


水田台帳管理システム

機能概要
基本機能
土地情報管理 土地や水田データの管理を行います。
土地編集機能 水田データの新規作成を行います。
データ抽出機能 データをExcelファイルやCSVファイルへ出力します。
地図機能 土地の検索や各種色塗りなどを行います。
システムの操作性
検索機能

水田の所在地や耕作者氏名、水田区分、作物、または所有者氏名、住所などから水田を検索できます。

検索結果はExcelファイルやCSVファイルに出力することができ、水田面積、防除面積、作付面積を集計することができます。

検索画面

情報参照・編集機能

土地情報を参照、編集できます。

水張面積、防除面積、作付面積に面積を表示し、水田区分や代表作物を管理できます。

ファイリング機能では、現場写真などを添付しておくことができます。

土地情報管理画面

データ抽出機能

水田区分別の集計、大字別耕作作物の集計など、さまざまな条件でデータを抽出することができます。

抽出結果はExcelファイルやCSVファイルに出力することができます。

データ抽出画面

地図機能

検索結果から該当位置を地図上に表示し、位置の確認を行うことができます。また、クリックした土地の詳細情報を参照できます。

水田区分や代表作物別の色塗りや所有者、地番、地目などをラベルとして地図上に表示させることができます。

地図画面からの調書作成イメージ

業務実績

» 代表的な業務実績はこちら