ガス水道設計積算システム

システムの特徴

ガス水道設計積算システムは、ガス水道事業の積算に使用される標準的な施工単価をデータベース化し、単価や歩掛を選択することで簡単に設計書を作成することができるシステムです。

またCAD機能を追加することで、ガス水道施設管理システムからエクスポートした台帳図のDXFデータやイメージデータを取り込み作図することができます。(CAD数量計算システム)ガス水道の配管路線を指定することで設計図を作成し、さらに作図データから設計書や数量表を自動積算することができます。

システムの導入により作業手順が統一され、誰でも同じ積算結果を算出することできます。また、図面精度の向上、作業時間の短縮を図ることができます。

機能概要
設計積算システムの操作性
積算

数量を『材料費』、『労務費』、『土木費』、『ガス分』、『水道分』、『口径』、『ライン』など指定する項目ごとに分けて積算および積上げを行うことができます。また、パターンをマスター登録することにより、工事に応じた直接工事費積上げを行うことができます。ルートごとの集計や費目ごとの集計など、設定一つで容易にシミュレーションを行うことができます。

積算画面

 
 
CAD数量計算システムの操作性
街路図作成

用紙サイズの指定や図面の枠取りを行い、そこに、別設計書からの複写、下書き機能を利用して街路図を作成できます。

街路図作成

 
管路図作成

配管したい区間のスタート地点を起点としてマウスでクリックし、終点をクリックするとその区間の距離を計算して、予定資材で割付本数の計算を行い、許容曲角内で配管を行えるか確認して資材を決定し、確定資材表で表示して確認を求めます。

確定した管材1本ごとに主要条件を使用して、管工および土工の施工方法を確定し数量を算出します。管路の確定と同時に、割付図・土工断面図・管材リストを自動的に作成します。また、効率良い切管の組合せを行う自動切管調整機能があります。


管路図作成

 
消火栓の自動配管

消火栓を選択し、設置位置を1クリックで指示するだけで、土被りとクリアランスを考慮してフランジ短管を決定し、自動的に各部材を数量計算できます。

また、同時に必要なボックスの組合せも決定し数量計算できます。

消火栓の自動配管

 
 
業務実績

» 代表的な業務実績はこちら