カーナビ誘導型管理システム

システムの特徴

カーナビ誘導型管理システムは、事務所や庁舎に設置した地理情報システム(GIS)上で、目的地を設定し、当社指定カーナビゲーションシステムを搭載した自動車にインターネットを介して送信することにより、自動的にカーナビゲーションシステムの目的地を設定するシステムです。(特許出願中)

このシステムを導入するメリットとして、調査等で現地の土地勘がなくても事務所や庁舎からの支持で目的地に到着でき、移動効率の向上が見込まれます。


機能概要
カーナビ搭載自動車へ目的地の指示

事務所や庁舎のカーナビ誘導型地理情報システムよりカーナビゲーションシステム搭載自動車へメッセージ付で目的地の指示が行えます。カーナビゲーションシステム搭載自動車側では、事務所で指定された位置を受信し、目的地が自動設定されます。

事務所や庁舎側
メイン画面

カーナビ搭載自動車側
カーナビ画面

カーナビゲーションシステム搭載自動車情報の取得

カーナビゲーションシステム搭載自動車の位置及び移動速度を確認することができます。


その他の機能

①送信するメッセージの定形文を作成しておくことができます。

定形文作成画面

②移動局の位置を指定した間隔で取得することができます。


取得間隔設定画面
業務実績

» 代表的な業務実績はこちら