災害時情報システム

システムの特徴

本システムは、災害発生時に自治体の全職員が使用することを想定し、情報の収集・発信を一元的に管理し意思決定を支援することを目的としたシステムです。

機能概要
- 災害情報登録機能
- 円グラフ表示機能
- 被災者台帳・罹災証明書印刷機能 
- ライフライン情報表示機能
- 職員マスタ管理機能
- 避難所開設状況、収容人数表示機能
- 備蓄品管理機能
災害時の被害状況を登録します。
被害件数を円グラフ表示します。
被災者台帳および罹災証明書を印刷します。
給水エリアの復旧状況を表示します。
職員情報を登録・管理します。
避難所の開設状況や収容人数を登録します。
備蓄品の登録や備蓄状況を管理します。
システムの操作性
災害情報登録機能(被害情報把握機能)

災害時の被害状況を登録・表示します。表示は被害区分ごと、対処状況ごとに表示を切り替えることができます


被害状況参照画面

対処状況参照画面


円グラフ表示機能

被害区分ごとの被害件数を円グラフ表示ですることができます。



被害件数円グラフ表示画面
 

被災者台帳・罹災証明書印刷機能

被災者台帳及び罹災証明書を印刷することがきでます。



被災者台帳

罹災証明書
 

避難所開設状況、収容人数表示機能

避難所の開設状況や収容人数をグラフ表示することができます。



収容人数状況参照画面

避難所開設状況円グラフ画面
 
 
業務実績

» 代表的な業務実績はこちら