家屋現況図整備

家屋の位置・用途を詳細に把握するため、航空写真などの現況図から家屋外形線を図化して家屋現況図を作成します。特に自治体様向けには、家屋課税台帳との関連付けのために家屋特定を行い、現況調査資料・固定資産評価資料の作成を支援します。

内容1

家屋の形状については、航空写真(縮尺1/4,000〜1/10,000)より家屋軒下の図化を行い、地図情報レベル1,000の家屋外形図を作成します。ナカノアイシステムでは、固定資産評価対象であるか否かは問わず、公有財産建物を含めすべての家屋を取得します。

ポイント1

家屋現況図は、地図情報レベル1,000といった高精度地図であるため、各種空間データとの共有を考慮し、以下の検査(一例)を行います。

家屋脱落の検査

  • オルソ加工した写真図と家屋外形図を重ね合わせ処理し、脱落箇所、形状の相違を検査します。

筆界、家屋の位置検査

  • 道路線に形状が一致しているか、筆界をまたいでいないかといった、地番現況図との整合性を検査します。

内容2

家屋課税台帳と航空写真や間取図を照合し、家屋特定を行います。(家屋外形に家屋管理番号を付与)家屋管理番号の付与された家屋外形図は家屋課税台帳と関連付けることができるため、家屋評価のみならず土地評価にも有益な資料になります。また、作成した家屋現況図は空間データとして作成し、ご要望に沿ったフォーマットに対応します。


家屋現況図 

地番家屋現況図
ポイント2
家屋特定における調査内容

  • 所在地番     家屋課税台帳に記載されている所在地と現在家屋が建っている地番の相違を調査
  • 家屋形状調査  間取り図を確認し、家屋外形との相違を調査
  • 建坪        家屋課税台帳に記載されている床面積との相違を調査

家屋特定を行うことによって、以下の効果が期待されます。

  • 家屋の所在把握が容易になる
  • 未評価家屋や間取図と形状が違う家屋の抽出が可能
  • 家屋課税台帳と関連付くため、用途別の色塗りや所有者名の表示などを地図上に表現が可能
  • ガス水道、下水道、防災マップなどさまざまな用途に使用できる共用空間データとなる

業務実績

» 代表的な業務実績はこちら