家屋調査

固定資産税の課税客体である家屋については、常に変化が生じています。ナカノアイシステムでは、航空写真を利用することにより、現況課税の原則に則った調査を効率的に行います。

内容

整備済みの家屋現況図と最新の航空写真を重ね合わせ処理を行うことにより、現地調査では難しい一棟ごとの新築・増改築・滅失の確認を机上で効率的に調査します。

ポイント

間取図や家屋課税台帳を併用して調査することにより、家屋の形状調査が可能となります。また、評価もれや増築の有無、家屋課税台帳の滅失漏れなども解消され、課税の高精度化が期待できます。

デジタル化した家屋外形と航空写真を重ね合わせ
家屋課税台帳や間取図などの資料を用いて調査を行います
調査状況などはGISで確認することが可能です
業務実績

» 代表的な業務実績はこちら