地目照合

固定資産の基本理念である課税客体(土地・家屋)の現況の正確な把握、特に土地評価の適正化および効率化を目的に、航空写真と土地課税台帳の現況地目を照合して、地目認定調査を行います。

内容 その1
地目認定基準案作成

地目認定調査の前に基準・手法などについて十分にヒアリングを行い、その結果と固定資産評価基準を踏まえて、自治体として統一された地目認定基準案を作成します。

重点項目
  • 今まで旧市町村で実施してきた地目認定の考え方について、ヒアリングなどにより十分な調査・把握を行い、その結果を地目認定基準に反映していきます。
  • 地目別の現地写真を掲載して手引書とします。
  • 評価分割の判断基準について、事例をもとに紹介します。
  • 固定資産評価基準と不動産登記法の地目認定方法を総合的に勘案した方針を掲げます。
  • 画地認定における再構成の判定など、後続作業にも活用できる内容にします。
内容 その2
地目認定調査

土地課税台帳の課税地目(現況地目)と航空写真より判読した現況地目が相違した筆について、着色を行い図面を作成します。

また、相違した筆については、不一致地目リストも併せて作成します。

貸与を受ける資料
  • 地番現況図
  • 土地課税台帳
  • 航空写真
  • 地目認定基準案
自治体様との事前確認
  • 一筆のなかに複数の地目が混在する場合の扱い           
  • 筆界未定地の考え方
  • 不一致地番の扱い
  • 雑種地の考え方

現地確認風景

ポイント その1

ナカノアイシステムでは、地目判読を行う際に、複数の技術者による同一箇所の判読を行います。

これにより、判読内容の公平性を保持するとともに検査も併せて実施します。



地目調査図
確認作業

ポイント その2

航空写真もアナログからデジタルになり、高解像度のオルソ画像を利用しての地目判読が一般的になりました。

ナカノアイシステムでは成果品について、出力図に係るコストを削減して、データでの納品を行っています。

また、公有財産台帳の精査・精緻化の必要性も意識して、インフラ資産についても調査の対象と考えております。

画像の違い


インフラ資産(道路・河川など)の地目判読

公共の敷地内に一部道路として利用されている場合

業務実績

» 代表的な業務実績はこちら