道路台帳

道路台帳は、道路の現況を把握・維持管理していくために不可欠な台帳であるとともに、地方交付税算定のために必要となる重要な資料です。

道路台帳は、道路の現況を示した道路台帳平面図と道路延長や施設現況などを集計した道路台帳調書で構成されています。

なお、道路台帳の調製・保管については、道路法第28条および道路法施行規則により定められています。

内容

航空写真測量などで作成された法的精度(S=1/500・S=1/1,000)を満たした地形図上に、道路を管理するうえで必要な各種情報(当該路線の起終点・路線名・路線番号・舗装種別・側溝など)を記載した道路台帳平面図を作成します。

広範囲に認定路線の状況を把握するために、認定路線網図(概ねS=1/10,000程度)を作成する場合もあります。

併せて現地および前述した台帳上で計測された認定路線の延長や面積・道路施設について集計した道路台帳調書を作成します。

なお調書については、目的に応じておもに以下のものを作成しております。

No 調書名
道路法に関する調書
国土交通省に関する調書
総務省に関する調書



認定路線網図

道路台帳平面図
道路台帳調書
ポイント

ナカノアイシステムでは、デジタルマッピング技術により道路台帳平面図のデジタル化を行っています。

デジタル化することにより、劣化したマイラー原図での管理からパソコンでの管理となり、検索の効率化や情報の一元管理に有効です。

また、デジタル化のうえ統合型GISなどの庁内横断的なシステムを用いることにより、当該情報を多くの職員で共有でき、オーバーレイによる情報取得などさらなる有効活用が期待できます。

» お問い合わせはこちら

 
業務実績

» 代表的な業務実績はこちら