保安林解除

保安林は、公益の目的を達成するために伐採や開発を制限した森林のことです。保安林は、農林水産大臣または都道府県知事が森林法第25条にもとづいて指定します。保安林の種別は、その機能に合わせて17種類あります。

保安林の解除については、指定理由の消滅(森林法第26条第1項、第26条の2第1項)および公益上の理由(森林法第26条第2項、第26条の2第2項)により申請できます。

ナカノアイシステムでは、上記の事由が発生した場合(代替施設の計画および事業計画)、保安林解除を目的とした用地測量や各種申請書作成などを数多く行ってきました。

保安林解除にともなう業務は、「資料などの調査」・「用地測量」・「申請書作成」の3つに大別することができます。


» お問い合わせはこちら

業務実績

» 代表的な業務実績はこちら