埋蔵文化財情報管理システム

システムの特徴

照会受付や発掘調査などの埋蔵文化財保護業務から、埋蔵文化財・収蔵品管理業務まで、埋蔵文化財に関わる一連の業務を効率的に遂行できるシステムです。

さらに地図機能により、遺跡位置、照会受付位置、発掘調査位置の位置関係を相対的に捉えることができます。また、発掘調査の種別ごとに色分けをしたり、遺跡のエリアに含まれる照会受付や発掘調査履歴を抽出することができます。


埋蔵文化財情報管理システム
 
機能概要
埋蔵文化財保護業務機能 照会受付の登録や照会を行います。
地図機能 遺跡・照会位置・発掘調査地の登録や参照を行います。
発掘調査記録管理機能 発掘調査記録・図面・写真の登録や参照を行います。
埋蔵文化財・収蔵品管理機能 遺跡・出土品(コンテナ)・遺物の登録や参照を行います。
図書管理業務機能 図書(抄録・一般書籍)の登録や参照を行います。
管理者業務機能 定義表(時代や時期等)の管理を行います。
システムの操作性
照会受付登録機能

必要な情報をリストから選んでいくだけで、受付票の登録ができます。

地図を起動すれば照会位置の登録も行えますので、受付票の登録と照会位置の登録が同時に完了します。

  • 照会受付の登録
  • 開発協議記録の登録
  • 各データの検索・参照
照会受付画面
照会位置登録画面
 
地図機能

遺跡位置、照会受付位置、発掘調査位置を地図上で確認することができます。また、遺跡に含まれる発掘調査履歴を一覧表示したり、フィルタ機能を利用して本調査や試掘調査のみを表示することもできます。

色塗り、ラベル表示画面
 
発掘調査記録類管理機能

発掘調査記録や図面、写真を登録します。発掘調査記録に図面、写真のPDFなどを添付して必要なときに参照することができます。

  • 発掘調査記録の登録
  • 発掘調査図面の登録
  • 発掘調査写真の登録
  • 各データの検索・参照
発掘調査記録画面
 
埋蔵文化財管理機能

遺跡情報の登録や、包蔵地カードの印刷を行います。

  • 遺跡の登録
  • 包蔵地カードの出力
  • 各データの検索・参照
包蔵地カード
遺物情報管理機能

遺物情報の登録を行います。

  • 遺物の登録
  • 各データの検索・参照
遺物情報登録画面
 
収納品管理機能

出土品(コンテナ)や遺物の管理を行います。コンテナは棚の平面図や立面図を利用し、正確な収納位置を登録することができます。また、平面図は使用率によって色分けされており、棚の空き具合を視覚的に調べることができます。

  • 出土品(コンテナ)収納位置の管理
  • 各データの検索・参照
コンテナ収納位置管理画面
 
図書管理機能

遺跡に関する抄録を、発掘調査履歴に関連付けて登録・管理を行います。また、一般書籍の登録・管理も行うことができます。

  • 図書(抄録・一般書籍)の登録
  • 各データの検索・参照
抄録情報参照画面
 
 
業務実績

» 代表的な業務実績はこちら