固定資産管理システム

システムの特徴

市町村では、課税にあたり“適切かつ公平な賦課徴収”を図り税収を確保するとともに、この賦課徴収事務を円滑に遂行するためには“住民の税に関する理解と信頼を得る”ことがなによりも大切なことです。

固定資産管理システムは、図面データ(地番現況図・土地家屋現況図)、および台帳データ(課税台帳など)をデジタル化し管理することで、日々おこる課税客体の異動処理や照合業務などをスピーディーにしかも正確に行うことができます。(固定資産税データ整備については地番現況図整備家屋現況図整備を参照してください。)



システム概要
基本機能
地図機能 地図の拡大縮小・レイヤ表示設定などを行います。。
検索表示機能 住所や地番、属性情報、名寄せによる検索などを行います。
作図編集機能 図形の作図編集・属性情報の登録・ファイリングなどを行います。
印刷機能 地図の各種印刷を行います。
計測機能 各種計測を行います。
ユーザレイヤ機能 現場調査などの情報や写真をファイリングして管理できます。
 
固定資産管理機能
課税台帳管理機能 固定資産に関する各種資料を一元的に管理します。
2画面表示機能 サブウィンドウに過去のデータや航空写真を表示します。
名寄せ検索機能 地番・納税義務者コード・納税義務者名による課税台帳名寄せ検索と、対象土地・家屋を同時に描画します。
エクスポート機能 課税台帳の項目を表計算ソフトへのエクスポートを行います。
インポート機能 各種フォーマットデータの取り込みを行います。
色塗り機能 課税台帳の項目をもとに、土地・家屋の色塗り表示を行います。
ラベル表示機能 課税台帳の項目をラベル表示します。
異動修正機能 土地の分合筆・評価分割、家屋の棟割を行います。また、表題登記機能で地番図の訂正、家屋の新築・増築・滅失の処理を行えます。
画地認定計測機能 画地認定計測作業を行います。画地計測は想定整形地、奥行き長を自動的に計算描画し、評点数を計算します。そのほか、画地認定や計測結果のCSVファイルを取り込んで表示することもできます。
家屋外形線取取込 家屋評価システムで作成した家屋外形線データを取り込みます。
公図検索機能 地番現況図や字界図から公図(更正図)の検索を行います。。
※印はオプションです。
システムの操作性
属性表示機能

土地・家屋をクリックし、土地・家屋台帳を表示します。

表示した土地・家屋の所有者名で名寄せ検索を行うことができます。

台帳には画像ファイルやPDF等様々なファイルが添付できます。

課税台帳表示
 
色塗り・ラベル表示機能

地目や所有者など、指定した項目で塗り分け・ラベル表示します

(右図:地目による色塗りと、地目・地番・地積をラベル表示)

地目別色塗り、属性ラベル表示
 
異動修正機能

土地の異動修正を行うことができます。

分割線は、マウスクリックによるスナップ指定、座標指定、2点または3点オフセット指定、任意の点からの距離を指定する辺長指定から作図することができます。

申請図面や測量図を取り込んで、背景図として利用することもできます。

辺長指定による分筆
 
画地認定計測機能(オプション)

間口を指定することで、自動的に間口線・想定整形地・奥行き線を作成し、計測を行うことができます。

また無道路地の計測にも対応しています。

隅切りを追加しての画地認定計測
 

公図検索機能(オプション)

字界を選択し、スキャニングされた公図を表示します。また土地を選択し、その土地が含まれる公図を表示することもできます。


公図検索機能の概要
 
業務実績

» 代表的な業務実績はこちら