1. TOP
  2. 3D計測
  3. 地上3D計測
  4. プラントGIS

プラント・工場 施設管理GIS

二次元と三次元の双方向施設管理

プラント・工場 施設管理GIS

プラント・工場 施設管理GISとは

GISとは、位置情報に付随して、属性情報(文字情報)とスキャニングした資料などを一元管理するシステムです。近年、プラント・工場内の建物や設備の管理に、このGISが使われ始めています。
これまで個別に管理されていたプラント・工場の施設管理情報を地図上に一元展開することにより、情報の一元管理ができ、かつ相互の位置関係を視覚的にとらえることができます。ナカノアイシステムでは、さらに二次元のGIS(地理情報システム)と三次元のレーザ計測データを一元的に管理する仕組みを提供します。この仕組みにより、二次元と三次元の双方向管理が可能となり、取得したデータを整理して蓄積することができます。

プラント・工場 施設管理GISとはプラント・工場 施設管理GISとは

導入のメリット

  • プラント・工場内に分散され保管されている施設管理資料を、GISに一元的に取り込むことで情報が集約されます。集約されれば、必要時に即座に参照することができます。
  • これまで属人化されていた施設管理情報をGISに入力することで、広く情報共有を図ることができます。
  • 施設の調査結果や補修情報をGIS上で管理することで、それらの位置・状態・必要資料を一元管理することができ、補修漏れを防ぐことができます。

3Dレーザ計測活用の場面

構築事例

建物管理

工場内の建物について、竣工情報や補修履歴等を管理しています。添付資料として、建築確認申請書や設計図・竣工図・補修履歴資料等をファイリングしています。

建物管理

点検結果管理

工場内の点検結果を管理しています。点検結果の判定に応じて色分けし表示することで、修繕等の優先度を視覚的に把握できます。

点検結果管理

地質調査管理

工場内の地質調査結果を管理しています。地質調査結果は蓄積することが重要であるため、過去の情報も登録しています。

地質調査管理

下水・雨水管管理

工場敷地内の下水・雨水管を管理しています。竣工資料から位置情報を入力することもできますが、マイクロ波による地下構造物調査を実施し位置情報を入力することもできます。

下水・雨水管管理

法規制管理

工場敷地内の法規制情報を管理しています。

境界管理

工場敷地の境界を管理しています。

整備の流れ

  1. 1.GISの導入

    まずは、空中写真・地形図・各施設管理地図データを格納するシステムである「GIS」を導入します。

  2. 2.空中写真撮影

    必要に応じて空中写真を撮影します。規模やご予算に合わせ、航空機による撮影、UAV(ドローン)による撮影を選択できます。

  3. 3.オルソ画像、地形図の作成

    空中写真から、オルソ画像(写真のひずみを補正しつなぎ合わせた写真画像)や地形図を整備します。

  4. 4.資料選別

    お客様の協力のもと、GISに取り込む各種資料を選別します。

  5. 5.施設管理地図データ整備

    整備したオルソ画像や地形図を背景に、各施設管理地図データを入力します。

  6. 6.資料のスキャニング、GIS取り込み

    選別した資料をスキャニングし、GISに取り込みます。

  7. 7.運用開始

    1台で運用開始、複数台での運用に拡大、工場全体での運用に拡大とステップアップしていくことも可能です。